エントリー

カテゴリー「年次点検」の検索結果は以下のとおりです。

12階建宿泊施設の年次点検

昼の1時間をいただき

年次点検を実施。

20220616111305.jpeg

引込が地上キャビネット内UGS,

キュービクルは12階建の屋上(PF-S形)。

 

UGS開放と試験、測定を

おこなってから

階段で屋上へ上がり、

屋上作業終えてから

地上に降りてUGS投入。

運動と思って

2名体勢でやっているが、

将来昇り降りが

キツくなってきたら

ケチらずキャビ待機要員を

含む3名でやることを

考えます。

パワコンエアフィルターの洗浄

毎年載せていますが

20220614061005.jpeg

稼働初期に

冷却ファン過熱という警報で

発電停止した事がある

空冷パワコン

太陽光発電所の

エアフィルターメンテナンス。

毎年年次点検の時に

予備フィルターと

入れ換えて持ち帰り

自宅で洗浄、乾燥を

おこなって

次回月次点検か

暇な時に

現場へ仕舞いに行きます。

20220614061006.jpeg

こういうフィルターは

けっこー高いみたいなので

寿命による買い替え時の

費用が大変そうです。

ケルヒャーで

やってます。

3件の太陽光発電所 年次点検

設置者が同じ

3件の太陽光発電所の

年次点検を

同日実施。

20220614061002.jpeg

前日は雷雨があり散々でしたが

この日は1日快晴。

20220614061003.jpeg

20220614061004.jpeg

作業は順調で朝から昼過ぎまで連チャンで

行い、昼食とって終了。

20220614061427.jpeg

1件目にSPD抜いてメガ測定を

おこないましたが、

2件目作業中に気がつきました。

1件目のSPDが

奥まで刺さってない気がしたので

解散後現場に

戻ってみたら

やはり甘かった。

差し込み直しました。

年次点検、雷に邪魔されました

昨年から契約した

需要家様で

二度目の年次点検でした。

20220612195441.jpeg

昨年復電後に

ボイラーがつかない騒ぎがあり、

停電後は都度手動で

スイッチを入れる箇所が

ある事がわかったので、

今回は事前に

機械室内分電盤の

入切表示を記録しておきました。

20220612195442.jpeg

集合時間より30分早めに訪問して

確認作業と

予備発の点検を先に行い、

全員集合してから

機材搬入と手順を確認し

作業開始時間を待ちました。

20220612195443.jpeg

13:00〜14:30の作業予定でしたが、

ついさっきまで

晴れ間が見えてて

いい天気だったのに

PASを切る直前

急に暗くなり

ゴロゴロ言い出しました。

 

雨も降り出したので

予定の作業はあきらめて、

PASはテストボタンのみ、

OCRは

適当に電流流しての

VCB連動確認だけ、

清掃は中止、

高低圧メガを当て

30分程度で復電。

復電後の復旧確認を行い

今年の年次点検は終了としました。

ちなみに雷は14:00すぎに

おさまりました。

ついていない日でした。

太陽光発電所で年次点検(点検前から止まっていた?)

朝から

とある施設の

年次点検を実施。

施設の屋根に太陽光パネルを置いた

全量買い取り100kWの

太陽光発電所もあるので

キュービクル2か所を

連続で年次点検となりました。

20220530161805.41.35.jpg

点検内容は

PF-S型キュービクルにOVGRが

付いたものなので

それなりにパパっと完了。

20220530161806.21.07.jpg

そんなことより、

年次点検始める前から

パワコンは運転停止していました。

故障履歴は

「盤内温度上昇」

前日5/29(日)は

5月なのに32℃の真夏日を

記録したことと、

20220530161807.16.22.jpg

パワコン内のフィルターが

埃で目詰まりしてたため。

外してパタパタ埃を払って

再並列としました。

 

親会社が太陽光発電所を

設置しただけで

施設側社員は一切関係なので

だれも知りませんでした。

念のため設置者に連絡して

完了でした。

(設置者側の担当者は

後で行こうと

思っていたそうです)

絶縁不良は意外と近くに

昨日の年次点検応援にて。

20220524114353.jpeg

低圧絶縁抵抗測定にて

絶縁0MΩがあり、

対象分電盤にて

「自販機コンセント」回路が

不良とわかりました。

 

自販機のコンセントプラグ抜いたり

(コンセント自体は

自販機と壁の間でバラせず)

ジャンクションボックスを開けて

分岐をバラして測った結果、

ブレーカーから

ジャンクションボックスまでの

配線が悪いところまで絞りました。

そして発見しました。

20220524114354.jpeg

20220524114355.jpeg

盤内でケーブル引っ張り動かしたら

VVFの被覆がえぐれてました。

分電盤内蓋の

蝶番に挟まれて

開け閉めが繰り返されるたびに

食い込んでいったようです。

損傷は被覆だけで済んでいるようなので

ビニテ巻いてから

インシュロックで

挟まれないように

固定して復旧となりました。

古めなDGR試験にて

毎年参加している

先輩技術者の

早朝年次点検に参加。

メンバーの都合で

今回はいつもと違う

受電所(組変)を担当。

20220524105328.jpeg

過電流継電器

不足電圧継電器

地絡過電圧継電器

受電用地絡方向継電器

第2変電所送り用地絡方向継電器

がありました。

だいぶ年季入ってます。

20220524105329.jpeg

64,67の試験で

前回試験した方は

リレーの制御電源

P1,P2を離線して

補助電源入れて単体で

試験していた模様。

どうせなら

電流トリップ用補助継電器CF-15や

2変送りLBSのトリップコイルにも

電源入れて

VCBやLBSが連動動作するか

見たかったので、

どこから電源をもらっているか

テスターで導通を見て電源養生。

これにより余計な離線作業を

減らして試験できます。

20220524105330.jpeg

試験後、次回のために

電源あんちょこの記載とともに

零相電流試験端子(ZCTT)が

普通左からkt,ltとなっていると

思いきや

受電用だけlt,ktとなっていたので

一緒に書いておきました。

 

電源確認の際

VT,CTの2次側配線のアース(D種)が

無いこともわかったので

現場担当者へ報告しました。

絶縁復活剤?絶縁保護剤?

普通に年次点検

の記事について

PN「北の技術者」さんから

フォームメールにて

ご質問をいただいたので

記事として

お答えさせていただきます。

------------------------------

大都工業の碍子清掃材、

信越化学のシリコーンスプレーを

活用中ですが、

使用しているダイプラスの購入方法を

教えていただきたいです。

ネット検索してもヒットせずでした。

名称変更したのでしょうか?

--------------------------------

20220522175450.57.18-2.jpg

ダイプラスは何年も前に

NCH Japan(日本エヌ・シー・エイチ株式会社) 

「レクステンド」

変わったと聞いています。

私も持っています。

購入方法は

ネットショッピングでの取り扱いもありますし、

北海道電気管理技術者協会に

所属とのことなので、

全体会議等の際に

これを展示している業者が来ているのでは

ないかと思います。

(コロナ禍でしばらくそういう集まりは

中止になっているかもですが)

 

信越化学のシリコーンオイルを

使用している先輩がいます。

清掃してこれ塗ったほうが

安く済むし

塩害地区なんかでは

持ちがよさそうな気がします。

 

応急処理や細かな溝→レクステンド

ローコストで定期的に塗布→シリコーンオイル 

こんな使い分けどうでしょう? 

 

ついでに、

自分だけなら自己責任ですが

作業を誰かにお願いする場合

もしかすると健康被害が

考えられるので

ゴーグル、マスク、ゴム手袋の

着用推奨が必要かもしれません。

普通に年次点検

1000kVAクラスの

高齢者介護施設の

年次点検を実施。

20220519202312.16.13.jpg

規模と作業時間から

5人でおこないました。

20220519202313.16.31.jpg

内2人に試験担当していただいたのですが、

20220519202314.48.20.jpg

PASのSOG制御箱内に大量のアリと卵が

発生してしまっていたため、

停電後に殺虫剤やブロアで

きれいにしてもらいました。

作業後、

「なんだか体にアリが

まだ着いているような気がして

ムズムズする」

と言っていました。

いやな仕事させてごめんなさい。

20220519202315.57.18.jpg

天気よく点検清掃も順調に進みました。

余力ができたので、

ちょっとだけ残ってて

さっさと使い切ってしまいたかった

絶縁保護剤ダイプラスと

洗浄剤ダイピュアを

古めな

三菱VCB1台と茶色い樹脂製LBS数台に

ぶっかけて使い切りました。

昔ダイプラス→今レクステンド

1992年製富士電機の高圧真空遮断器に注油

去年の年次点検で

OCR連動試験を行ったところ

遮断が鈍く動作時間にタイムラグでてしまった

FujiのVCB

HA12B-HL W3-NA

20220516200018.04.48.jpg

注油してみたいのだが、

キュービクル内に保管されていた取説には

注油に関しては全く書いていなかったので

今年の年次点検では

手探りでやってみました。

20220516200019.04.56.jpg

注油口的なところはなさそうなので

まずは上部を開けてみる。

20220516200020.31.22.jpg

上部から機構部にはアクセスできず。

白いラベルが貼ってある中に機構部がある模様。

20220516200021.50.28.jpg

下部の赤丸のボルトとねじを外して

カバーを開けました。

20220516200500.03.57.jpg

20220522155756.jpeg

20220522155757.jpeg

(2022/05/22 画像追加しました)

機構部が見えました。

どこがどうっていうのはわからないので、

トリップコイルにはかけないよう気を付けて

回転しそうなところに

洗う気持ちでパーツクリーナーをかけてから

ペーストスプレーをかけてみました。

うまく作用したのか

VCBの動きはよくなりました。

不良指摘は出してあるVCBですが

いつ交換してもらえるか分かりませんので

とりあえず来年も様子を見ます。

 

帰ってから改めて手持ちの資料を

漁っていたら、注油資料を見つけたので

抜粋して掲載しておきます。

fuji_ha12b-hlw3na_tyuyu.pdf

やはり下部からで正解だったようです。

今回使用したのは

KUREパーツクリーナー

プラスチックセーフと

富士電機指定の

ダイゾーニチモリ

ペーストスプレー。

パーツクリーナーは以前

コメントをいただきました方が

薦めていたもので

樹脂もあるから安心かなと。

ページ移動

ユーティリティ

新着コメント

Re:電圧計付検相器で受電確認
2022/06/26 from つくば電気管理事務所
Re:電圧計付検相器で受電確認
2022/06/26 from 終活中
Re:3件の太陽光発電所 年次点検
2022/06/15 from つくば電気管理事務所
Re:3件の太陽光発電所 年次点検
2022/06/15 from 見習保安員
Re:暖かい季節の屋外分電盤結露
2022/06/14 from nasi3

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

お問い合わせ

新着トラックバック

Re:超大型連休3日目
2022/07/25 from How Far is Tonga from Hawaii?

過去ログ

Feed

カウンタ

     
    トータル 4550493
    今日 551
    昨日 3990