エントリー

カテゴリー「その他測定」の検索結果は以下のとおりです。

新しいオムロンOCRの始動ランプ

昨日の竣工検査での

リレー試験。

 

過電流継電器は

オムロン

K2OC-AVN

20220825173803.37.17.jpg

半年前くらいに

試験したことあると思うのだが

試験スタートして

かすかな失敗。

20220825172722.00.35-1.jpg

以前のK2CA-DO*の始動は

%レベルゲージだったが

こっちは三菱みたいに

%が数値で上がっていくようなので、

%の上りで確認しようと

始動電流整定値付近を

0.5A刻みで上げていったのだが

なかなか0から上がっていかない。

と思っていたら気が付きました。

%表示とは別に

始動ランプがありました。

改めて始動電流を見ていたら

始動ランプが右のようについたので

ここで記録。

20220825172726.22.17.jpg

最後にPASのSOG試験して

竣工検査完了。

20220825172725.28.20.jpg

いつ

電力会社の外線繋いでもいいように

PASの開放確認してから

投入禁止札つけて、

帰ってから

東京電力に

安全措置の書類をFAXしました。

(以前、画像の投入禁止札は

どこで買えますかと聞かれましたが

東京電気管理技術者協会オリジナルなので

会員でないと買えないと思います。

ちなみにベルトはついていません)

あとは来月の受電待ちです。

電圧計付検相器で受電確認

HIOKI

電圧計付検相器

PD3259-50

の動作確認。

20220624095758.28.43.jpg

接触型ではないから

電圧はだいたいですが

検相能力はちゃんと確認。

20220624095759.08.22.jpg

高圧ケーブル引き換えた

お客様にて

受電立ち合いがありました。

受電盤のVTTで検相確認。

電圧は105Vくらいだと思うが

ここでは70V台表示、

検相は正相でOK。

 

単なる端子ではなく

配線にかませる使い方をしないと

電圧表示は能力を発揮しないようです。

PF-S形キュービクル受電設備の竣工検査

電気工事店より

竣工検査のみをお受けしました。

一般的なPAS受電、

PF-S形キュービクルで

準備片付けまで入れて

1時間半といったところ。

20201224132919.17.58-2.jpg

1号柱の接地抵抗を測り、 

20201224132920.25.18-2.jpg

 PASのSOG試験実施し、

20201224132921.46.47-2.jpg

 キュービクル側の接地抵抗を測定し、

内部を確認、試験養生後

20201224132922.01.07-2.jpg

 耐圧前絶縁抵抗測定を行い、

20201224132923.06.58-1.jpg

耐圧試験10,350Vで10分間の試験を実施。

引込ケーブルCVT38sq×90m

(計算上充電電流約184mA)と

キュービクル一括で

実測静電容量71nF≒計算上充電電流230mA。

200mAリアクトルを入れたので

一次電流3.3A、

充電電流200mA、

耐トラ電流30mA、

リアクトル207mAでした。

20190625160105.jpg

今月2回目のPAS、ケーブル工事立会と試験

今月上旬に工事したところと

同系列の需要家様にて

PAS、ケーブル工事があり、

立会と試験を実施。

そして徹夜明けの今、

お客様の営業時間過ぎまでは

電気トラブル対応できるよう

近隣で待機ついでに

朝マックしながらブログ書いてます。

20200819084436.jpeg

柱上作業 

20200819084431.jpeg

 ハンドホール間通線

20200819084432.jpeg

 ケーブル端末処理

20200819084435.jpeg

 VTLA内蔵PAS

アースIV線14sqへ引き直し

及び

A種接地抵抗値管理値超過のため

打ち直し後の接地抵抗測定

20200819084434.jpeg

 SOG試験

20200819084433.jpeg

PAS、ケーブル一括耐圧試験 


20190625160105.jpg

負荷遮断試験は天気と計器とにらめっこ

新設太陽光発電所の

使用前自己確認検査で

負荷遮断試験を実施。

20200524162910.jpeg

測定器は

HIOKI

高調波測定機能付

メモリハイコーダ

8808-50。

20200524162911.jpeg

基礎が高いキュービクルなので

高圧受電盤のメーターで

何度も発電電力を見るのに

上がったり降りたりが大変。

ですので、スマホ2台を

skypeアプリでビデオ通話にして

1台は高圧受電盤に張り付け、

20200524162912.jpeg

もう1台のスマホに計器を映して

望みの発電量になるのを

待ちました。

狙いの発電電力になったところで

PAS待機の相方に

トランシーバーで合図して

切ってもらう。

(PASは400mくらい離れていて

キュービクルからは

見通せない場所にある)

20200524162913.jpeg

いいデータが取れました。

一通り検査項目は完了したので

あとは書類整理と施工会社と内容を詰めて

届出できればいいなと

思っていますが、

コロナ騒ぎで電力安全課の

受付は今のところ

郵送とのこと。

でも緊急事態宣言が解かれたので

窓口に戻るか?

もしそうだとしても

電車に乗るのは気が引けるので

さいたま新都心へ行くとしたら

車にしよう。

20190625160105.jpg

使用前自己確認-負荷試験-高調波測定

先日から

行なっている

500kW以上の

新設太陽光発電所

使用前自己確認試験。

その中の

負荷試験として

高調波測定を行いました。

20200524162813.jpeg

測定器は

HIOKI

高調波測定機能付

メモリハイコーダ

8808-50。

古くてちょっとお恥ずかしいですが

高調波と負荷遮断試験が1台で出来るし

その場でプリントアウトできて

アナログ的安心感もあり。

20200524162814.jpeg

測定は受電盤のVTTとCTTから。

クランプをぶら下げるので

外れないように丸端子を使用。

20200524162815.jpeg

こんな感じで結果出力。

報告書には

これを貼り付けて

第3,5,7次の歪率を

記載して完成予定です。

20190625160105.jpg

太陽光発電所で保護連動試験でしたが

新設の太陽光発電所にて。

受電が先日済んでいて

パワコンの設定も終え運転状態に

なったとのことですが、

しばらく天候不良が続いているので

使用前自己確認にある

負荷遮断試験や負荷試験なんかは

できませんので

保護装置試験や

総合インターロック試験に該当する

保護連動試験を実施しつつ

PCSの操作を練習しました。

20200522180836.08.35-2.jpg

 20200522180837.03.26-2.jpg

PCSは

田淵電機製

(マスターボックス)

EOU-A-MBX03-L

(パワーコンディショナ)

EPD-T250P6

 

設定の見直し後、

まずはOVGRテストボタンで動作確認。

20200522180838.59.49-1.jpg

 20200522180839.00.50-1-1.jpg

 パワコン停止と、エラー履歴表示を

確認。問題なし。

 

次にVCBを開放して停電状態を作り

しばらく待ってからVCBを投入、

再投入マスターボックスの表示を見ると

20200522180840.53.47-2.jpg

 初期画面の日時設定が出ています。

面倒だなと思いながら合わせて

履歴画面を見たら

20200522180841.43.50-1.jpg

 履歴まで日時の記録が初期日時に

なってしまいました。

記録残らないのかなと取説を見たところ、

20200522180842.42.30-2.jpg

1~2秒の時計バックアップしかないようです。

現場にUPSは設置されているのですが、

遠方監視装置だけで、

マスターボックスには入っていません。

 

今後そのつど日時合わせとかいやだし

履歴の意味ないしなので

施工会社へ

マスターボックスもUPSから

電源をとってほしい旨を相談し、

社内で検討するとなりました。

めんどうなのでぜひ改善を

望みます。

20190625160105.jpg

補助極は効いているのに・・・

海近くの工業団地に建設中の

他社主任技術者の

新設現場へ

竣工検査を

(耐圧試験、保護継電器試験、

絶縁抵抗測定、接地抵抗測定)

請け負い行ってきました。

20200224085148.50.21.jpg

接地抵抗測定の際、

接地端子台に

常設の補助極が

準備されていたので

P,Cはそれを利用し

各極測定したのですが、

 

補助極P 250Ω

補助極C 350Ω

A種 22Ω

B種 32Ω

C種 22Ω

一号柱のA種 17Ω

 

補助極は測定に問題ない数値なのに

A,C種は10Ω超過していました。

電気工事屋に接地極を打ったときの

測定値を聞いたら

A種8Ωくらい出ていたとのこと。

海近くで砂地に近い土地柄で

前日に雨降っているし

晴れたことによって数値が

上がったのかなと思い

さらに聞いてみると、

測定時に補助極は

別に打って測ったとのこと。

それならと当方も補助極を

きっちり距離を取って

打ってから測ったところ、

 

補助極P 1000Ω

補助極C 600Ω

A種 8.0Ω

B種 17Ω

C種 8.5Ω

一号柱のA種 7.0Ω

 

補助極は高めでしたが

基準値内の数値が出ました。

常設補助極をどこらへんに打っているのかは

わかりませんが

きっと距離が近すぎるのかなと

思います。

仕方がないので、常設補助極は

使用しないよう養生していただきました。

 

誤った測定例が記載されているサイトを

見つけましたので掲載しておきます。

日本地工株式会社 接地専門サイト

誤った測定例

それと、

私が所属している

東京電気管理技術者協会が

出版している下記の本を

持っているのですが、

これにもちょっとだけ載っていました。

残念ながらもう絶版の模様。

2020.04 絶版ではなく

単に流通が少ないだけのようです。

20190625160105.jpg

使用前検査(ケーブル劣化診断)

使用前検査で

ケーブル劣化診断を

やっときました。

20181031122414.jpeg

2001年製のCVT38sq30m程度の

ケーブルに5kVと10kVをかけました。

20181031122415.jpeg

いいグラフが取れたので

問題なさそうです。


電気・電気工事 ブログランキングへ

計器不良に出くわしました

点検お手伝いで

千葉県某所へ行きました。

 

リレー試験と合わせて

計器の指示値確認をやっていったところ、

全然触れないものに当たりました。

20180513101330.29.35-2.jpg

20180513101331.29.31-2.jpg

20180513101332.29.29-1.jpg

帰ってから調べたのですが、

最高指針付計器というものらしく、

整流器を通して電流計を動かすようで、

正常に動くものは

ステッピングタコメーターのように

鋭い動きをしていました。

 

正常なものと動かないものの

整流器出力の確認をしたり、

正常な整流器から動かない電流計に

渡りを入れてやってみたりしましたが、

結論、整流器も電流計も壊れていました。

 

めったに動かないGC回路用なのに、

いやだからか・・・


電気・電気工事 ブログランキングへ

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード


お問い合わせ

新着コメント

Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目のその後
2022/11/30 from 権限がありません
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from つくば電気管理事務所
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

Feed

カウンタ

    トータル 5114891
    今日 3915
    昨日 6968
 
PVアクセスランキング にほんブログ村