エントリー

カテゴリー「保護継電器試験」の検索結果は以下のとおりです。

比率差動継電器 比率差動特性試験予習

お盆中、

特高受変電設備の

保護継電器試験があります。

20220810104516.36.33.jpg

機材確認のついでに

先日作った電流切替器での

比率差動特性試験予習を

やっておきました。

20220810104517.36.12.jpg

リレーの取説に配線図があり、

「A3」差電流は10A以下なので

DMMを電流計として間に挟んで

20220810104518.33.09.jpg

「A2」で位相差180°で5A一定、

「A3」が3A付近から比率要素が

作動するまで

「A1」を8A付近から緩やかに増加させる。

単純に「A1」-「A2」で

「A3」電流計はなくても

いいような気がしますが、

今回の現場は

前回試験実施者が他社であり、

まだ更新後数年しか

経っていないリレーなのに

試験結果が判定基準外で

指摘を出されていることから

取説通りの回路で

慎重にやろうと思ってます。

 

現場は

写真撮影禁止、

現場担当者はブログを

見てくれているそうなので

不用意なことは怖くて書けません。

よって

当日ネタは

変わったことがない限り

無しの予定です。

 

DMM電流端子には

これを刺してみました。

お盆の特高変電所リレー試験にむけてお勉強

今年のお盆に

初受注現場の

特高変電所リレー試験を

受託しました、父が。

20220624092820.51.06-1.jpg

高岳のパックギアというマルチリレーが

ついているそうです。

そういえば以前、

廃棄になるパックギアをもらってあったなと

勉強がてら電源入れて

OCR試験をやってみました。

限時の動作値と時限測定ののち、

瞬時要素を試験しようと

限時をロックしたところ

瞬時が動きませんでした。

このリレーは

限時の整定に対して

瞬時はその何倍かで整定するため

限時をロックしてしまうと

瞬時もロックになってしまいます。

動作時間はともかく

動作値は画面表示で

見るしかなさそうです。

資料を見ていたところ

上に書いたうちにある

PACGEARは"5"という機種であり、

今回の現場には

"8"と"e"という機種らしい。

そして

その機種の瞬時整定は

独立していることがわかりました。

試験は無駄だったが

操作方法の勉強にはなりました。

古めなDGR試験にて

毎年参加している

先輩技術者の

早朝年次点検に参加。

メンバーの都合で

今回はいつもと違う

受電所(組変)を担当。

20220524105328.jpeg

過電流継電器

不足電圧継電器

地絡過電圧継電器

受電用地絡方向継電器

第2変電所送り用地絡方向継電器

がありました。

だいぶ年季入ってます。

20220524105329.jpeg

64,67の試験で

前回試験した方は

リレーの制御電源

P1,P2を離線して

補助電源入れて単体で

試験していた模様。

どうせなら

電流トリップ用補助継電器CF-15や

2変送りLBSのトリップコイルにも

電源入れて

VCBやLBSが連動動作するか

見たかったので、

どこから電源をもらっているか

テスターで導通を見て電源養生。

これにより余計な離線作業を

減らして試験できます。

20220524105330.jpeg

試験後、次回のために

電源あんちょこの記載とともに

零相電流試験端子(ZCTT)が

普通左からkt,ltとなっていると

思いきや

受電用だけlt,ktとなっていたので

一緒に書いておきました。

 

電源確認の際

VT,CTの2次側配線のアース(D種)が

無いこともわかったので

現場担当者へ報告しました。

配線リフトなどの養生が必要

ゴールデンウィークの

最後というのか

びみょうな日曜日、

試験業務に行ってきました。

20220508185618.jpeg

PASのSOG制御箱試験。

高い位置にSOGがあるため

胴綱つけて上に登ったまま

記録を取りつつ、

地上の相方に指示出して

試験を行いました。

20220508185619.jpeg

受電盤、饋電盤があるキュービクル。

51,67の試験を行うにあたり

饋電盤VCB連動にて試験するため

電動でVCB入切する必要アリ。

操作電源に補助電源印加、

受電VCB入、

不足電圧に絡む

電磁継電器の配線リフトなど

条件を整え実施しました。

毎年訪れ

あんちょこができているので

スムーズに試験を終えました。

Amazon見てたら

絶縁油全酸価試験の

試薬セットを発見。

なんでも売ってますね。

ゴールデンウィーク 試験業務のアルバイト

連休中の今日、

試験業務のアルバイトを

しています。

20220503122255.jpeg

先日、計器校正の依頼を受け

自分で試験した

NF回路設計ブロックの

試験器を使っての仕事でした。

静止型に一部更新されつつも

東京芝浦電気製80年代の

誘導型保護継電器が

まだまだ現役な現場でした。

 

話は違いますが

昨日、所属している

協会の委員に関するところから

「連休を利用して

オンラインミーティング

でもいかがですか?」

と連絡がありました。

同業者ですが

連休仕事しているかどうかは

人それぞれ。

連休日中は

業務により対応不可と

お断りしました。

雨降りそうで急ぎ足

毎年GWに行っている

専任主任技術者の

需要設備にて

保護継電器試験。

20220429184729.37.35.jpg

午後から雨降る予報だったので

休憩そこそこで

なるべく前倒し気味で作業。

11時くらいに思ったよりも早く

降ってきてしまったので

一部シートかぶせたりカッパ着たり

記録用紙へろへろになりながらも

12時に完了、と思ったら

雨が弱まりました。

その後は降りましたが

タイミングが悪いときは

こんなもんでしょう。

タープテントを持っていこうと

思っていたのに

今回積み忘れました。

あれば多少は

快適だったはず。

VCB補助接点の数

試験業務で

リレー試験を実施。

 

高圧真空遮断器の更新工事が

同時にあったため、

連動確認のため

工事が終わってからの試験となりました。

20220402183653.04.20.jpg

盤屋さんが工事に来たのですが、

VCBの補助接点

(取説では補助開閉器という名称)の

a接点の数が足りないと

困っている様子。

接点が何に使われているかの

調査確認をお手伝いしました。

 

a接点で使用しているものは3つ。

・VCB投入状態表示の赤ランプ用。

・DGR動作時のトリップコイル焼損防止のため

引き外し電源回路間に入れる用。

20220402183656.34.11-1.jpg

・親切設計な盤で、

VCBからの入切接点が

試験端子として装備されている。

(写真のCBという2か所)

20220402183655.16.36.jpg

富士電機VCBの

標準接点数は2a2bで

それ以上はオプション扱いと

取説に書いてありました。

型式にオプション接点が

反映されないようなので

型式だけの注文ではダメなようです。

(発注者が設置者なのか

元受けさんなのか盤屋さんなのかは不明)

20220402183654.05.04-1.jpg

 左は新型。右が旧型。

旧型は3a3bだったようです。

 

仕方がないので

優先順位が一番低い

VCB入切接点試験端子をなくすことにして

解決となりました。 

20220402183814.15.56.jpg

まとめられた制御線の探査で

インシュロックを切って

電線を引っ張って

接続箇所を探したりする場合があるので、

元に戻すために

細いインシュロックを

持っていたほうがいいと思います。

富士電機製複合継電器を試験

富士電機

複合機能形過電流継電器

DQASU5MB

OCR(2入力、普通反限時+瞬時付き)+DGR20220320150818.jpeg

の試験を実施。

写真を見てわかるとおり

基板引き出し型なので、

20220320155244.jpeg

1台ずつ繋ぎなおすのではなくて

1か所で試験配線を行い

入れ替えて51と67を一緒に試験していく。

20220320150819.jpeg

箱の上下にあるレールに

基板を滑らせて

出し入れするのですが、

水平を保って出し入れしないと

引っかかってうまく出し入れできないし、

引っかかったからと言って

下手に力を入れると

基板が割れそうです。

 

1997年製と

年数立っているせいか

瞬時動作値が整定値の

2倍くらいじゃないと

動かない不良品が出ました。

同じ型はもう製造中止品なので

現行のカタログを確認したところ、

DUTSDSCM-65というのが

枠のサイズを変えずに

入れ替えられる

後継機種のようです。

毎年の特高変電所 保護継電器試験(フィーダー)

昨日の記事の続き。

 

フィーダーは

20220223182021.06.10-1.jpg

三菱

マルチリレー

MP23

20220223182022.49.43.jpg

ほかの点検とのカラミで

制御電源DC100Vを

直に入れる必要があり、

すべての電源線をリフトして

試験を行いました。

解線したからには

結線作業が必要。

数人で復旧作業を行い

私が最終確認を行いましたが

20220223182023.34.20.jpg

2本あった+側の線がP,Nに入っていて

-側が浮いているのを発見。

Wチェックは大事です。

 こういう作業こそ

電ドラは有効でした。

毎年の特高変電所 保護継電器試験(特高側)

毎年実施してます

とある特高需要設備での

保護継電器試験を実施

20220223182020.09.23-1.jpg

特高側には

三菱 メルプロDシリーズ

第2高調波抑止機能付き過電流継電器

COC4-A03D1

変圧器保護用比率差動継電器

CAC1-A01D2

系統連系保護継電器

CPP1-A01D2

(系統連系は

NAS電池があったからついてますが、

現在NAS電池がないので

電圧要素のみ使用)

 

朝6:00から朝礼があるのが

きついのですが

試験中は

特高監視室と

遮断器が入っているメタクラ盤が

別の場所にあるので

作業員の交錯がほぼないのが

ありがたい。

電卓はプラスチックキーに

限る。

ページ移動

ユーティリティ

新着コメント

Re:電圧計付検相器で受電確認
2022/06/26 from つくば電気管理事務所
Re:電圧計付検相器で受電確認
2022/06/26 from 終活中
Re:3件の太陽光発電所 年次点検
2022/06/15 from つくば電気管理事務所
Re:3件の太陽光発電所 年次点検
2022/06/15 from 見習保安員
Re:暖かい季節の屋外分電盤結露
2022/06/14 from nasi3

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

お問い合わせ

新着トラックバック

Re:超大型連休3日目
2022/07/25 from How Far is Tonga from Hawaii?

過去ログ

Feed

カウンタ

     
    トータル 4550432
    今日 490
    昨日 3990