エントリー

カテゴリー「測定器、試験器、工具等」の検索結果は以下のとおりです。

新調したクランプメータでOCR瞬時動作値ピークホールド測定

DCIが測れる大口径クランプメータが欲しい

で新調したクランプメータ

共立電気計器 KEW2009R

を使って

過電流継電器試験で

瞬時動作値を

ピークホールドモードで

測定してみました。

20220811124353.jpeg

いつも使っていた

双興 大口径クランプメータ

LC-70F

(共立 KEW 2413F)

や、

父が持っている

双興 LC-40FM

(共立 MODEL 2433)

のPEAK HOLDですと、

1回測定したあと

表示数値をリセットするために

その都度

ピークホールドOFFにしてからONにする

2回の操作が必要でした。

 

2009Rですと

リセットボタン1回押すだけですむので

大した差ではないかもですが

煩わしさが解消された気がします。 

ちょっとした気分の変化ですが、

マンネリ防止にも新しい機材は

楽しいものです。

 

また暇があって気分が載ったら

SOGの短時間出力トリップ電圧の

ピーク測定実験をやっておこうと

思います。

 

余談ですが、

台風の影響で

お盆に実施予定だった

特高受電設備のリレー試験業務が

延期となりました。

今月の山場だったのに残念です。

新しいショックセンサーを現場で使用

先日

保護継電器試験用の振動センサを買い替え

で書いた

ムサシインテック

リレー試験専用衝撃検出センサ

G・TRIP

現場で使用しました。

20220811124352.jpeg

マグネットが弱いと

ご意見をいただいてましたが、

今のところ不便は感じませんでした。

たぶんですが、

下部端子に対して

丸端子を九の字に曲げて

真下に線を出したのが

効いているのでは。

 

 実際の動作の様子↓

こんな感じです。 

何にも問題ないので

ただただ便利だなと思うばかりです。

 

ついでなんですが、 

養生テープといえば

以前

 これをよく使っていましたが、

最近は 

こっちの方が

つやのあるところに

貼って剥がした時の

糊残りが少ない気がするので

若干の切りにくさはあるが

愛用しています。

DCIが測れる大口径クランプメータが欲しい

昨日、太陽光発電所で

電線盗難がありました。

太陽光発電所にて電線泥棒被害

PCSから集電箱に至るケーブルが

やられたのですが、

集電箱直近で切断されたものもあれば

経路途中で切られていて

盤周辺だけ見ても被害の有無を

確認できないものがありました。

そこで

切られた系統か

無事な系統かを調べるため、

20220729122320.57.39-1.jpg

発電電流の有無を確認。(パワコン稼働中)

DCIが測れるクランプって

三和 DCL31DR

という小径のものしか持っていないので

幹線ケーブルが噛めず

分岐の細いところでしか噛めませんでした。

 

よし、これを機に

径の大きめなDCクランプを

購入しよう、と思い立ちました。

 

どうせなら、

ACDC電圧、ACDC電流の

ピークホールド測定できるものを・・・

なんて欲を出して候補を

一流メーカーから

共立電気計器 KEW2009R

日置電機 CM4373-50

三和電気計器 DCM2000DR

の3台に絞りました。

 

ピークホールドは主に

過電流継電器試験で

瞬時要素の動作値を

測るのに使いたいので、

交流は

波高値表示(実効値×√2)よりも

実効値(波高値×1/√2)で

表示される物がいい。

そのことを念頭に比較したところ、

共立1択となりました。 

---(追記)---

その後、HIOKIのサイトを

再確認したら、

インラッシュというモードがあって

波高値と実効値両方同時に

表示できる模様。

HIOKIさん、

早とちりしてしまい

申し訳ない。

でももう注文しちゃった。

------


 

 調査用途だけならば

直流電流が測れて

ある程度の太さを噛める

こんな謎メーカー品でも

安くていいのかもしれない。

 

リレー試験用電流切替器をバージョンアップさせて新たに作成

保安管理業務では

めったに使用しない、

エヌエフ回路設計ブロック

電流三相保護リレー試験器

RX4713。

内蔵のR相、T相切替器は

使い物にならないので

20220727194243.07.01.jpg

これまで上記の電流切替器を

使用してきました。

(2CTのR-S,S-T

3CTR,S,T両方対応)

 

バージョンアップさせて

比率差動継電器3相分を

比率差動特性試験も含め

繋ぎ変えなしで

試験出来るようにしたいとか

電流要素並列ON,OFFスイッチ

(電流ブースト、パラブースト、

電流足し算、何て呼ぶのが

しっくりくるでしょうか?)

も追加したいなど

もっと詰め込んだものを作ろうと

前々から考えていました。

 

そして暇と材料がそろったので

やっと作りました。

20220727194244.00.10.jpg

穴の位置決めや材料も

だいぶ悩みました。

20220727194246.00.17.jpg

不器用なもので

製作時間は丸一日かかりました。

20220727194245.45.45.jpg

住宅用材料とか

ワゴ使っちゃったので

過熱が心配ですが、

いつも通り

大電流短時間を心がけて

使用したいと思っています。

 

材料費は大体8〜9,000円と

言ったところ。

主な材料↓

趣味で買った古い測定器を使ってみた

デザインが

かっこいいからという理由だけで

ヤフオクで

古い測定器を

買っちゃうことがあります。

 

ずっと

仕舞い込んであったのですが、

気が向いたので

初めてブリッジを

使ってみました。

20220721205626.22.53.jpg

三田無線

デジタルミニブリッジ M1-D

20220721205627.25.00.jpg

リーダー

LCR BRIDGE

LCR-740

どちらも

アナログシンセのようで

かっこいい。

 

どっちも使い方は同じで

抵抗とコンデンサを

取説読みながら測定してみました。

ちゃんと測れるもんだなと感心。

仕事で使うことはたぶんないと思うが、

こんなことも役に立つことが

ある、かもしれない。

保護継電器試験用の振動センサを買い替え

リレー試験を

遮断器連動でおこなう

連動動作試験の際、

楽するために

振動センサ(ショックセンサー)を

使用することがあります。

 

これまで

先輩にいただいた自作品を

使用していましたが、

傷んできたので

メーカー品に買い換えました。

20220721111319.44.53.jpg

右が今まで使用していたもの。

左は新調した

ムサシインテック

リレー試験専用衝撃検出センサ

G・TRIP。

なかなかいい値段しますが、

メーカー品だし

壊れにくければ

多少の金額はいいかなと。

20220721111320.32.06.jpg

いままでと使い勝手を同じにするため、

常時配線つけっぱなし仕様に

加工しました。

センサーが薄いので

フェンス網目越しの

受け渡しもできそうです。

電圧計付検相器で受電確認

HIOKI

電圧計付検相器

PD3259-50

の動作確認。

20220624095758.28.43.jpg

接触型ではないから

電圧はだいたいですが

検相能力はちゃんと確認。

20220624095759.08.22.jpg

高圧ケーブル引き換えた

お客様にて

受電立ち合いがありました。

受電盤のVTTで検相確認。

電圧は105Vくらいだと思うが

ここでは70V台表示、

検相は正相でOK。

 

単なる端子ではなく

配線にかませる使い方をしないと

電圧表示は能力を発揮しないようです。

慣性特性試験の校正

地絡継電器や

地絡方向継電器には

遮断器の不揃い投入などの

極小時間に生じる

見かけ上の零相電流による

誤動作を防止するため、

不感度時間を設けている。

この特性を慣性特性という。

↑ネットで拾った文章。

 

位相特性試験器や

地絡継電器試験器には

慣性特性試験ができるものが

あります。

出力時間設定できる試験器と

固定の試験器が

ありますが、

どちらを使うにしても

出力時間50msだと思います。

20220623203903.54.41-3.jpg

カウンタ校正器では

この試験ができないので、

カウンタ校正器で校正した

ミリセコンドカウンタを使用。

ONE-SHOTというモードで

電圧の入力されてから

消えるまでの時間を測定。

写真の物は、

年次点検で頻繁に使用している

双興 位相特性試験装置

DGR-1000KD。

50.3msと結果良好。

ミリセコは電圧印加でしか動かないので

電流出力で試験したいときは

ちょっとだけコツがいります。

矢型プラグの交換

計器校正と共に

試験器のコードもチェックしてます。

20220622095016.jpeg

矢型プラグの

カバー破損があったので

付け替えました。

 

ちょうど黒の手持ちが

切れていたので

ネット注文、

あっという間に届きました。

正直商品名を知らず

はじめY端子で検索していたため

なかなか分かりませんでしたが、

矢型プラグという名前だと

わかりました。

 

安心のサトーパーツ製

TJ-1097 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サトーパーツ 矢型プラグ 赤 【TJ-1097-R】
価格:157円(税込、送料別) (2022/6/22時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サトーパーツ 矢型プラグ 黒 【TJ-1097-B】
価格:157円(税込、送料別) (2022/6/22時点)


 

HIOKIテスター AUTOレンジの反応速度を確認

計器校正依頼を受け

後輩の試験機材を

預かりました。

20220621212304.jpeg

 以前書いた

テスターについての

ブログ記事を見てくれていて、

HIOKIのテスター

使ってみてくださいと

置いていってくれました。

20220621211910.jpeg

 せっかくなので

比較動画撮影。

型式にもよると思いますが

この中ではHIOKIが一番早かった。

思うに

キーサイトだけが遅いのかも•••

ページ移動

ユーティリティ

新着コメント

Re:電圧計付検相器で受電確認
2022/06/26 from つくば電気管理事務所
Re:電圧計付検相器で受電確認
2022/06/26 from 終活中
Re:3件の太陽光発電所 年次点検
2022/06/15 from つくば電気管理事務所
Re:3件の太陽光発電所 年次点検
2022/06/15 from 見習保安員
Re:暖かい季節の屋外分電盤結露
2022/06/14 from nasi3

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

お問い合わせ

新着トラックバック

Re:超大型連休3日目
2022/07/25 from How Far is Tonga from Hawaii?

過去ログ

Feed

カウンタ

     
    トータル 4556301
    今日 2822
    昨日 3537