エントリー

カテゴリー「手直し等」の検索結果は以下のとおりです。

パテが転がっているラックが気になり

月次点検でのことです。

20221118183447.43.26-1.jpg

キュービクルから

カバー付きのラックが伸びて

ボックスを通じて建物内に

低圧配線がなされています。

 

以前、地盤沈下のせいで

ケーブルが引っ張られてないか

ちょっと気になったので

開けて確認したことがあったな、

なんて思いながら

眺めていたら、

20221118183448.43.40-1.jpg

パテが落ちていることに

気が付きました。

どこのパテかと気になり

ボックスを

開けてみました。

20221118182222.53.38.jpg

ボックス内のパテが落ちて

穴が開いていたので

鳥の家にされていました。

奥の配線のパテはしっかり詰まっているので

建物内部への侵入はないと

安心しました。

もう鳥はいないことを確認したので

20221118182223.11.59.jpg

鳥の巣を撤去し

パテ埋めしておきました。

ハンドホールを"開けるんだ"で開ける

月末の空いてる時間に

気になっていたお客様の

ハンドホール点検をおこないました。

普段、車両が通るところにあるので

定休日にやると事前予告して実施。

20221025120612.42.41.jpg

固着してまったく動かないことが

分かっていたので

日本ステップ工業株式会社

マンホール蓋開放機

"開けるんだ"を

久しぶりに使用しました。 

 普通1発で開くはずなのに

4回も使いました。

その理由は

20221025120613.32.34.jpg

ハンドホールの固着が強すぎて

蓋の一部が完全にちぎれるまで

上がらなかったから。

長年開けられることなく

トラック等に

踏まれ続けていた場所なので

仕方がないと思いますが

固着の力ってすごい。

ちぎれ残った部分は

マイナス貫通ドライバーと

ハンマーでコツコツ削って

外しました。

 

20221025120614.33.23.jpg

水抜きを行ったのですが、 

隣がレンコン畑のせいもあり

即水が流れ込んでくることが

分かりました。 

ここの水抜きは

無駄なのでもうやりません。

重塩害地域PASのSOG制御箱内

海に近い現場にて

試験業務として

リレー試験6変電所分を

やってきました。

20220923202948.jpeg

1号柱PASのSOG制御箱ですが

内部接地線の端子が錆びてます。

20220923202949.jpeg

①で測ると10Ωなんですが

②で測ると12Ωになります。

導通が

怪しくなってきているようなので

20220923202950.jpeg

ぶった切って

右後ろのネジに

圧着端子あげ直して

接続し

導通を確保しました。

つくばじゃ

こんな錆び方まず見れません。

さすが重塩害地域!

古い現場でありがちなこと

90年代キュービクルでの

年次点検。

20220914200438.31.00.jpg

VCBも

誘導型過電流継電器も

年季入っていますが

正常動作します。

意外に古いものは頑丈です。

20220914200439.58.40.jpg

点検清掃をお願いしていた応援者が

進言してくれました。

インシュロックが砕けて

母線が垂れてきているとのこと。

自分一人では

気が付かないことがあるので

助かります。

20220914200440.59.57.jpg

インシュロックで締めなおして

もらいました。

やらなきゃいけないけど後回しなこと

年次点検中にふと

気になりました。

20220914200437.47.35.jpg

だいぶ傷んできました。

サトーパーツのサイトでは

チップジャック Y型端子 クワ型端子 と

いろいろ呼び名があるようです。

 

その場では帰って

修理しようと思うのですが…

帰ったらきっと

忘れてしばらくやらなそう。 

Amazonでは

赤と黒が乏しいようです。

キュービクル周りのコケを除去

隔月点検の

お客様ですが、

20220610125134.jpeg

日当たり悪く、コケがすごいんです。

人に年次点検応援頼んで

滑って転んだりしたら

大変なので

次回の月次点検の際に

スコップ等準備して除去しよう、

と思いつつ

2ヶ月後の点検になると

毎回準備を忘れてしまい

片付かなかったので、

今月の点検は終わってますが

忘れないうちの

点検とは別日に準備して

片付けに行きました。

20220610125136.jpeg

スコップでガンガンすくって

剥がしていきました。

20220610202557.jpeg

20220610202558.jpeg

1時間半ほど汗だくで

作業をおこない

スッキリしました。

そういえば、

コケに除草剤って効くのだろうか?

Facebookに

「コケ用の除草剤がありますよ!」

とコメントをいただきました。

検索したらありました。

絶縁復活剤?絶縁保護剤?

普通に年次点検

の記事について

PN「北の技術者」さんから

フォームメールにて

ご質問をいただいたので

記事として

お答えさせていただきます。

------------------------------

大都工業の碍子清掃材、

信越化学のシリコーンスプレーを

活用中ですが、

使用しているダイプラスの購入方法を

教えていただきたいです。

ネット検索してもヒットせずでした。

名称変更したのでしょうか?

--------------------------------

20220522175450.57.18-2.jpg

ダイプラスは何年も前に

NCH Japan(日本エヌ・シー・エイチ株式会社) 

「レクステンド」

変わったと聞いています。

私も持っています。

購入方法は

ネットショッピングでの取り扱いもありますし、

北海道電気管理技術者協会に

所属とのことなので、

全体会議等の際に

これを展示している業者が来ているのでは

ないかと思います。

(コロナ禍でしばらくそういう集まりは

中止になっているかもですが)

 

信越化学のシリコーンオイルを

使用している先輩がいます。

清掃してこれ塗ったほうが

安く済むし

塩害地区なんかでは

持ちがよさそうな気がします。

 

応急処理や細かな溝→レクステンド

ローコストで定期的に塗布→シリコーンオイル 

こんな使い分けどうでしょう? 

 

ついでに、

自分だけなら自己責任ですが

作業を誰かにお願いする場合

もしかすると健康被害が

考えられるので

ゴーグル、マスク、ゴム手袋の

着用推奨が必要かもしれません。

1992年製富士電機の高圧真空遮断器に注油

去年の年次点検で

OCR連動試験を行ったところ

遮断が鈍く動作時間にタイムラグでてしまった

FujiのVCB

HA12B-HL W3-NA

20220516200018.04.48.jpg

注油してみたいのだが、

キュービクル内に保管されていた取説には

注油に関しては全く書いていなかったので

今年の年次点検では

手探りでやってみました。

20220516200019.04.56.jpg

注油口的なところはなさそうなので

まずは上部を開けてみる。

20220516200020.31.22.jpg

上部から機構部にはアクセスできず。

白いラベルが貼ってある中に機構部がある模様。

20220516200021.50.28.jpg

下部の赤丸のボルトとねじを外して

カバーを開けました。

20220516200500.03.57.jpg

20220522155756.jpeg

20220522155757.jpeg

(2022/05/22 画像追加しました)

機構部が見えました。

どこがどうっていうのはわからないので、

トリップコイルにはかけないよう気を付けて

回転しそうなところに

洗う気持ちでパーツクリーナーをかけてから

ペーストスプレーをかけてみました。

うまく作用したのか

VCBの動きはよくなりました。

不良指摘は出してあるVCBですが

いつ交換してもらえるか分かりませんので

とりあえず来年も様子を見ます。

 

帰ってから改めて手持ちの資料を

漁っていたら、注油資料を見つけたので

抜粋して掲載しておきます。

fuji_ha12b-hlw3na_tyuyu.pdf

やはり下部からで正解だったようです。

今回使用したのは

KUREパーツクリーナー

プラスチックセーフと

富士電機指定の

ダイゾーニチモリ

ペーストスプレー。

パーツクリーナーは以前

コメントをいただきました方が

薦めていたもので

樹脂もあるから安心かなと。

活性アルミナを投入

製造工場の

年次点検を行い、

変圧器1台に

活性アルミナを投入。

20220509213438.jpeg

活性アルミナの入った布袋を

入れてからしばらく気泡が出るので

空気抜きの時間を稼ぐため

真っ先に投入作業実施。

20220509213439.jpeg

活性アルミナを

2%(汚損が激しいときは3%)

入れるとなっているので、

絶縁油210リットルの変圧器に

1袋1kgのものを

4つ投入しました。

 

作業者が初めて入れるというので

「取説等ではひもで縛ってとなっているが

この変圧器は隙間が少なく

下に落ちることはないので

タップ台を避けてコアの上に

置くように入れて」

と指示しました。

 

また1年後を楽しみにします。

折れた鍵200番 抜けました

先月の月次点検時、

20220301184524.10.38-1.jpg

鍵200番を挿しっぱなしで

へし折った現場がありました。

ひさびさにへし折った

 

今月の月次点検に

お邪魔したので

引き抜き作業を行いました。

20220401195334.jpeg

はじめ、ピンセットを横にして

摘もうとしましたが

うまくつかめませんでした。

20220401195335.jpeg

縦につまんでみたら

うまく挟めて抜けました。 

上記の精密ピンセットセットのほか、

目打ちとか安全ピンとか

準備していきましたが、

ESD-10というピンセット1本だけで

イケました。

値段からすると

セット品の方が

お得感あり。

ページ移動



ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード


お問い合わせ

新着コメント

Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目のその後
2022/11/30 from 権限がありません
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from つくば電気管理事務所
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者

2022年12月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

Feed

カウンタ

    トータル 5115064
    今日 4088
    昨日 6968
 
PVアクセスランキング にほんブログ村