エントリー

2016年02月の記事は以下のとおりです。

新設需要家様竣工検査実施

父が受託する
新設現場の竣工検査を
手伝ってきました。

20160924060611.jpg

やったことは
目視点検
銘板確認
接地抵抗測定
保護継電器試験
高圧絶縁抵抗測定
耐圧試験

こんなところです。
とくに問題なく半日で終了しました。

遮断器点検でいろいろ試験

今月は深夜のお手伝いを
何件か行っています。

この日は遮断器点検班になり
清掃やメガを一通りこなし
数台は細密点検ということで、
・真空度
・接触抵抗
・開極時間
の測定を実施。

真空度は要は真空バルブの耐圧試験。
使用機材は双興VCB-02。
これはうちにもあるし
やったことあるし問題なし。

接触抵抗測定は初めて。
使用機材は双興 CRT-100。

20160924060800.jpg
μΩでの表示でした。
なぜこの測定が必要かというと、

大電流遮断などにより接触面が荒れ
接触抵抗が上がると接触面にて
発熱し最悪溶着して
遮断不能になる。

と検索したら出てきました。
引用させていただきました。

開極時間測定も
自分でやるのは初めて。
使用機材は双興VCBT-01K。
20160924060801.jpg
3相の開極時間を測定し
時間と不揃いの確認でした。
20160924060802.jpg
こんなレシートで測定値が
確認できます。
試験内容によっては
最小引外し電圧測定もやるらしいですが
この試験器ではできないようです。

ホットグルーで

今月ブログネタがとぼしいので、
(写真禁止の現場があったりもする)
小ネタです。

みんなコツコツ仕事用小物を
手作りしているかと思いますが
今回はヒューズケースの取付。

20160924061102.jpg

ヒューズケースは縦の
ねじ込み型等種類がありますが
私は横開きのこのタイプが
接触不良を起こしにくい気がして
好きです。

ただこのままだとヒューズ入れ替え時に
ばらけてやりにくいので、

20160924061103.jpg

ホットグルー注入して
固めます。
ちなみにヒャッキンや
ホームセンターなどで売っています。

20160924061104.jpg

こんな感じに出来上がり。
すぐ固まるし扱いやすく、
被覆のきわの補強にもなるので
多用しています。

日射計取り付け場所のセンス・・・

2月になりました。
1日から月次点検に・・・と思っていたら
胃腸炎にかかり
1日ダウン。
2日からの仕事となりました。

太陽光発電があるお客様の
月次点検に訪問。
快晴で発電日和。
20160924062943.jpg

でも何気なく計器を見ていたら
気になりました。
20160924062944.jpg
290kWの発電容量中160kWと十分出てるのに
なんだか0.044kW/㎡と少ない。

同じお客様の以前の同時期データを
確認するも
発電量173kWで日射量0.612kW/㎡。

計測器に不具合でもあるのかなと
屋上に上がってみたところ、
20160924062945.jpg
センサーの設置場所が残念なだけでした。
屋上が2段になっていて、その陰に
入っています。

私もいままで
気にしていませんでしたが、
発電には支障ないが
日射量と発電量のデータ収集に
支障がでると残念なので
気を付けたいと思います。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード


お問い合わせ

新着コメント

Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目のその後
2022/11/30 from 権限がありません
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from つくば電気管理事務所
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者

2016年02月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

過去ログ

Feed

カウンタ

    トータル 5114821
    今日 3845
    昨日 6968
 
PVアクセスランキング にほんブログ村