エントリー

2021年02月の記事は以下のとおりです。

特高設備フィーダーの保護継電器試験

特高設備の

保護継電器試験の続き。

 

今回4名2班での試験で

私ともう一人は特高の試験を行い

あとの二人にフィーダー側の

保護継電器をお願いしました。

20220113195016.24.52-1.jpg

リレーは

三菱MP23という

デジタルマルチリレー。

フィーダーに50,51,67

母線に27,59,64。

保護連動試験がないので

一日試験時間はあったが

台数が多くて

頼んだ作業員からちょっと苦情も…

20220113195225.07.41.jpg

扉が開かない盤だったため

電源とトリップ、Z1Z2の3系統を

盤前の試験器から

盤側面を回して

裏まで持って行かなければならないので、

試験コードを20mで作成していきました。

P,Nは端子を外して接続するので

直接さして締めたらいいかなと

棒端子で作っていったが、

「パワークリップのほうがいい」と

失敗だった模様。

次回に向けて取り替えておきます。

 

それと、試験器からの直流電源は

0.5Aヒューズなのですが、

試験中2回切れたとのこと。

MPの消費負担は5VAと書いてあるので

足りなくはないと思うのですが、

0.75sqビニールコードで20mが

だめだったか?

第2高調波抑止機能の試験

まだ更新されてから数年の

特高受電の某事業所にて

保護継電器試験を行ってきました。

20220113195049.23.31.jpg

私は例年

特高監視盤の

過電流継電器

三菱 COC4-A03D1と

比率差動継電器

三菱 CAC1-A01D2と

系統連系保護継電器

三菱 CPP1-A01D2

(過去にNAS電池や

コジェネがあったため

ついてるが、

現在撤去されているため

不足電圧、地絡過電圧と

過不足周波数のみ使用)

を担当。

 

ここの51と87には

励磁突入電流による

誤動作防止に

第2高調波抑止機能と

いうのがあります。

20220113195048.15.40.jpg

三菱製だと

昔の誘導型のころから

現在のデジタル型のリレーになっても

上記回路での試験方法が

各取説に示されています。

 

ですが

NF回路設計ブロックの試験器ならば

高調波の出力ができるので

上記のように外付けで

可変抵抗、直流電流計、ダイオードの

準備なしで試験できます。

(使用試験器 RX4713)

20220113195017.31.05.jpg

・特殊機能でコウチョウハ2を選択し、

 出力する定常側の次数を2に設定。

・波形切替でコウチョウハ2を選択して、

指定された試験条件の電流を流し

高調波含有率が何%から

抑止するのかを測定。

表示されているパーセントが

そのまま試験結果となるので

お手軽です。

太陽光発電所の年次点検請負

住宅地内にある

太陽光発電所の

年次点検に行ってきました。

20220113195502.27.10-1.jpg

20220113195503.27.13-2.jpg

キュービクル点検班と

アレイ接続箱内の

端子開放電圧測定と

絶縁抵抗測定を行う班に

分かれて作業。

午前午後で2件実施しました。

風がある中屋外作業だったので

花粉で目をやられて

翌日寝起きは

目ヤニいっぱいでした。

この時期薬飲んでいても

風がある日は

花粉用メガネじゃないと

ダメージくらいます。

キャラバンに機材積み込み

週末から始まる

試験業務で使う

試験機材積み込み。

20220113195559.56.50.jpg

機材表で確認しながら

積んだが、

遠方までいくので

忘れ物は致命的。

本当に忘れ物ないだろうか…

早朝の年次点検

朝6:30から

契約需要家様にて

年次点検実施。

日の出が早くなってきたので

明るくて仕事しやすい。

20220113195749.03.28-1.jpg

20220113195750.53.35-1.jpg

やったことはありきたりな

測定と清掃。

トラブルもなく

平和な1件でした。

 

週末から連日

試験業務があるので

しばらく更新しない予定。

写真禁止の現場もあるから

記事書きにくい。 

20190625160105.jpg

標準計器発送作業

うちの測定器は、

標準計器による自己校正を

年1回行っています。

20220113195850.45.51.jpg

標準計器の

トレーサビリティ維持のため

外部校正機関への

梱包、郵送作業を

行いました。

物によって

校正対応不可の会社が多くあり、

(たとえば高電圧計だと

だいたいの会社は10kVまで、

耐圧試験器の出力を賄うには

AC10350V以上,DC20700V以上

やっておきたい)

できる会社と価格を精査して

3社へ発送。

1社に数台送るのに

テトリスやってるかの如く

段ボール内組み合わせて

入れるのに

時間がかかりました。

 

いままでは標準計器の校正期間を

5年おきにしていたんですが、

信用度アップのため

1年毎に変更することにしました。

校正費用がかさむようになるので

身近な相手限定で

外部校正業務を仕事として

受けてみようかと考え中です。

冷却水減っていた

2021年2月13日

福島県沖 震度6強の地震があり、

電力会社の長時間停電が

あったお客様から

非常用予備発電機の

警報が出ていると連絡がありました。

警報停止の手順を電話で説明し

とりあえずベルを止めてもらいました。

20220113200048.03.36.jpg

こちら以外にも訪問対応が必要なところが

何件かあったので順番に訪問。

長時間停電で燃料が減っているかもと思い

軽油の燃料タンクを持参。

20220113200047.03.56-1.jpg

たいして燃料は減っていませんでした。

20220113200206.03.32.jpg

警報種類は

冷却水温度上昇でした。

昔古い発電機で

放水冷却式でしたが

サーモスタットが開かず

冷却水循環されず停止したのを

見たことがあったので

長時間の無負荷運転で

似たような事が起きたのかなと

思ったが、

20220113200046.06.52-1.jpg

ラジエーターの冷却水が枯渇していました。

恥ずかしながら私の点検ミスです。

これまで水漏れの跡とかは

気がつかなかったので

よく見ていませんでした。

20220113200045.08.27-2.jpg

念のため不凍液に何が使われているかを確認し

20220113200044.07.34-1.jpg

ホームセンターのカー用品売り場に行って

LLCを購入してきて

残っている古い液を

抜いてから入れました。

それからしばらく運転させて

異常がないことを

確認しました。

 

今後気を付けたいと思います。

2021年2月13日福島県沖 震度6強の地震

20220113200506.04.36.jpg

(地震情報サイトより引用)

2021年2月13日

福島県沖 震度6強の地震があり、

つくば市も震度4で

けたたましくスマホが鳴ったので

飛び起きて

なにか落ちてこないか心配で

とりあえず

寝てる子供たちに

覆いかぶさりました。

 

私の住んでいるところは

停電等ありませんでしたが、

契約お客様がある

茨城県、千葉県内の一部では

あちこち長時間停電や

電源異常による

太陽光発電停止が発生しました。

 

仕事の予定がない日曜日でしたが

日中呼出がないとも限らないので

早朝から太陽光発電所の

復旧に回り始めました。

20220113200557.11.36-1.jpg

20220113200558.13.21-1.jpg

まず一件目。

停電ではないが

不足周波数にて停止したいました。

20220113200626.00.27-1.jpg

2件目も不足周波数で停止していました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

後日ですが、

警報メールがない太陽光発電所の

お客様に月次点検へ行ったところ

20220113200720.14.20-2.jpg

ここも不足周波数で

止まっていました。

~~~~~~~~~~~

けっこ距離のある場所を回りましたが、

高速道路は地震の影響で

50km/h制限と出ていたので

念のため下道だけで移動しました。

アラームランプ点灯してる見慣れぬ機器

太陽光発電所の

月次点検にて。

 

パワコン収納箱になっている

キュービクルに入って点検。

20220113200929.37.27-1.jpg

 

入ってすぐ脇に遠方監視関連の

あれこれが並んでいます。

 

気温、日射量など見るのに

液晶付き機器のボタン操作ため

近づいたところ、

20220113200930.29.19-1.jpg

ぱっと見なんだか知らない機器の

赤ランプが目に留まりました。

アラームと書いてあるので

なんらかの警報だと判断。

 

左DC-UPSで右MINI BATと書いてあるの

遠方監視装置用直流無停電装置と電池だと

わかりました。

PHOENIX CONTACTという

メーカーらしいので

スマホで取説確認。

20220113201015.35.45.jpg

いまどきは何でもググって出てくれるので

助かります。

Power in OKのLED点灯

Bat.-Mode/ChargeのLED消灯

AlarmのLED点灯

ということで

バッテリテスト不良という項目と判断。

 

今年度

制御関係用交流のUPSバッテリーの

交換があったので

同時に交換されていれば・・・

なんて思ってもしょうがない。

急ぐことではないと思いますが、

指摘事項として報告します。

電圧データロガーMCR-4Vの設定(質問へのご返答)

以前記事にした

高圧ケーブル直流劣化診断の

記録計に関するご質問

を閲覧された方から

コメント欄に

ご質問をいただきました。

画像を使用したかったので

こちらでお答えいたします。

~~~~~ご質問~~~~~~~~~~~~~

自分もブログを拝見して

mcr-4vを購入し

直流電流の記録を取るように

やってるんですが、

設定などわからないことがいっぱいで

どうゆう設定してますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

T&D(ティアンドデイ)

電圧データロガー MCR-4V

高圧ケーブル直流漏れ電流試験で

漏れ電流の記録出力1μA→10mVを

記録するための

私なりの設定です。

20220113201232.17.21-1.jpg

(記録設定)
・詳細設定 ON

・記録モード エンドレス

・記録方式 瞬時値

・50~60Hzフィルタ ON

・記録間隔 100ms

・記録チャンネル CH1

(CH1設定)

・測定レンジ ±300mV

・スケール変換 OFF

(記録停止トリガ)

・チャンネル CH1

・スロープ ライジング

・電圧 +100mV

・記録停止まで 60sec

 

ノイズ防止のため

フィルタをONにすると

最少間隔で100msになるので

最少にしています。

フィルタOFFなら

もっと短時間の記録間隔を

選択できますが

グラフのざらつきが増えて

見た目よくなくなりそうだし

キックを確認するのに

そこまで早くする必要もないと

思っています。

スケール変換は

パソコンデータ作成時に10mV→1μAに

いじることができるのでOFF、

記録のトリガに

+100mV(適当)立ち上がりで

記録開始するようにして、

年次点検で

何百何キロのケーブルを測定なんて

自分の現場で

測定することはまずないので

1分測定で十分と考え

停止は60secにしています。

 

ついでにパソコンでのグラフ設定。

20220113201233.18.23.jpg

画像はつぶれてわかりにくいと

思いますので要点だけ。

(チャンネルのプロパティ)

1(μA)=100×0.01(V)なので

スケール変換式にy=100x(単位μA)

と入れる。

・グラフを好きな色と太さを決める。

(縦軸のプロパティ)で

・軸の範囲を-0.1~1(μA)にすると

健全な測定結果ならば

見栄えがちょうどよい。

・目盛間隔0.1、補助目盛0.01で

程よいかと思っている。

(横軸のプロパティ)

・見栄えよくほどよい時間前後で区切る。

20220113201234.48.56-1.jpg

本体からへの接続用に、

ほっそい端子台に

入る線とピン端子メスを

常時取り付けて

測定器の出力をつないでいます。

 

文章長くて

どうもすいません。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2

ユーティリティ

新着コメント

Re:電圧計付検相器で受電確認
2022/06/26 from つくば電気管理事務所
Re:電圧計付検相器で受電確認
2022/06/26 from 終活中
Re:3件の太陽光発電所 年次点検
2022/06/15 from つくば電気管理事務所
Re:3件の太陽光発電所 年次点検
2022/06/15 from 見習保安員
Re:暖かい季節の屋外分電盤結露
2022/06/14 from nasi3

2021年02月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

お問い合わせ

新着トラックバック

Re:超大型連休3日目
2022/07/25 from How Far is Tonga from Hawaii?

過去ログ

Feed

カウンタ

     
    トータル 4550285
    今日 343
    昨日 3990