エントリー

2022年07月30日の記事は以下のとおりです。

DCIが測れる大口径クランプメータが欲しい

昨日、太陽光発電所で

電線盗難がありました。

太陽光発電所にて電線泥棒被害

PCSから集電箱に至るケーブルが

やられたのですが、

集電箱直近で切断されたものもあれば

経路途中で切られていて

盤周辺だけ見ても被害の有無を

確認できないものがありました。

そこで

切られた系統か

無事な系統かを調べるため、

20220729122320.57.39-1.jpg

発電電流の有無を確認。(パワコン稼働中)

DCIが測れるクランプって

三和 DCL31DR

という小径のものしか持っていないので

幹線ケーブルが噛めず

分岐の細いところでしか噛めませんでした。

 

よし、これを機に

径の大きめなDCクランプを

購入しよう、と思い立ちました。

 

どうせなら、

ACDC電圧、ACDC電流の

ピークホールド測定できるものを・・・

なんて欲を出して候補を

一流メーカーから

共立電気計器 KEW2009R

日置電機 CM4373-50

三和電気計器 DCM2000DR

の3台に絞りました。

 

ピークホールドは主に

過電流継電器試験で

瞬時要素の動作値を

測るのに使いたいので、

交流は

波高値表示(実効値×√2)よりも

実効値(波高値×1/√2)で

表示される物がいい。

そのことを念頭に比較したところ、

共立1択となりました。 

---(追記)---

その後、HIOKIのサイトを

再確認したら、

インラッシュというモードがあって

波高値と実効値両方同時に

表示できる模様。

HIOKIさん、

早とちりしてしまい

申し訳ない。

でももう注文しちゃった。

------


 

 調査用途だけならば

直流電流が測れて

ある程度の太さを噛める

こんな謎メーカー品でも

安くていいのかもしれない。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード


お問い合わせ

新着コメント

Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目のその後
2022/11/30 from 権限がありません
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from つくば電気管理事務所
Re:ポータブル電源EFDELTAの故障2回目
2022/11/29 from 北の技術者

2022年07月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ

Feed

カウンタ

    トータル 5115342
    今日 4366
    昨日 6968
 
PVアクセスランキング にほんブログ村